スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キミとSPARK 夜はSNAKE

アレだ





ゆきちゃんがやっちゃった




1107_0.jpg





重厚な戦士によって、何重(いくえ)にも張り巡らされた壁
その壁を突破して、雄叫びを上げながら敵が踊りこんできた
その男の右手には研ぎ澄まされた鋼の剣が握られ
幾多の戦いを経ても尚、綻びのない甲冑に身を包み、その男はやってきた





男の名はAge





四面楚歌と言うに値する敵に囲まれながら、何とか活路を見出すべく
彼は縦横無尽にゆきちゃんが守るGT付近を蹴散らして行く
逃げ惑うWIZたち、背後を突かれ動揺を隠せない、壁を形成する前衛たち

それでもWizardたちは壁を支援することを忘れない
虚を突かれた前衛たちも持ち直し、2列目で待機していたDARKELFたちは
目の色を変えてAgeに襲い掛かり、イリュージョニストがアバターを唱える
そしてELFたちは狂ったように矢を放つ



徐々に減っていくHP



「この状況を打開するには立ち止まってはいけない」


幾多の戦いで得た教訓と、戦士としての本能で、彼は走りながら回復を試みた
しかし、ここでこの男を野放しにするわけにはいかない防衛軍は全力で排除する



あまりにも無慈悲で、あまりにも無力



鍛え抜かれた彼の身体でさえ、この攻撃を耐えることはできないのか



一瞬の火花の中に蠢く獣のように、輝いた彼の一生が今潰えようとしている



頭の中で絶望の花が咲き乱れる・・・



生きていたい・・・



その願いも空しく、もはや瀕死



やがて彼は自らの死を悟ったのか、その歩みを止めた



ゆきちゃんが静かに愛刀の歴戦ソードを抜き、彼の胸元にゆっくりと突き刺す・・・



1107_1.jpg




ここに勇敢にも敵陣深くに斬り込んだひとりの戦士が逝った


本当の愛で眠るがいい


もう一度、その戦士の名を呼ぼう


Age 


ちょっぴり肥満体の戦士だ






しかしアレだねw
Ageって言うとアレだよ?
びっぴとかバキューン バキューン飲んじゃうKNIGHT様だよ?
硬いよ?
鋼鉄よ?


ゆきちゃん 凄くない?


実はつおいんじゃない?


これは 新しい何かがゆきちゃんの中で目覚めるね




まぁ1回斬っただけなんだけどねwww




あとがき
今回Ageさんが快くDeath Log掲載OKをくれました
格好良く書いてくれってことだったので、それっぽく書いてみました
彼の今後の活躍を祈念します
ちなみに肥満かどうかはイメージです(´c_`)


追伸
書きながら途中で疲れちゃって、中途半端だけど勘弁なw
スポンサーサイト

<< 永遠なんていらない | ホーム | やだもん 誕生秘話 >>


コメント

歴然tt

ゆきちゃんのカリスマに嫉妬

歴戦ソードは流石にアレだろ・・・と色んな方からお叱りを受けたので
イリュージョンソードにDAI貼りましたw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。